2017年1月19日木曜日

日本アンチエイジング歯科学会 理事拝命のご挨拶



日本アンチエイジング歯科学会 理事拝命のご挨拶






























201711日より日本アンチエイジング歯科学会 理事を拝命
致しました東京デンタルスクール 岡田優一郎と申します。

松尾通 会長率いる日本アンチエイジング歯科学会は、
200011日に設立された研究会を前身とする、
2000名に迫る最大規模の歯科学会です。

日本アンチエイジング歯科学会は、歯科医師、医師、薬剤師、獣医師
のみならず、様々な専門職において第一線でご活躍されている先生方が
医学・歯学の発展に寄与し、国際的規模の協力を行っております。

この度、日本アンチエイジング歯科学会 理事を拝命し、
身の引き締まる思いとともに責任の重さを痛感しております。

医学・歯学の発展に資するべく精進して参りたいと存じます。
変わらぬご指導・ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

日本アンチエイジング歯科学会 

理事 岡田優一郎 拝

2017年1月18日水曜日

臨床検査技師 個別指導の東京メディカルスクール




◎無料 臨床検査技師国家試験対策メールマガジン 医道塾
  のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001675047/index.html?l=goy106d152


こんにちは!
東京メディカルスクールです。 

第10回目も前回に引き続き、国家試験や模擬試験に出題されそうな問題です。
低学年の皆さんにも、回答できる問題もあると思います。
高学年の皆さんは、全問解答できるように頑張りましょう!

問題は全部で5問あります。さっそく始めましょう!
それでは、1問目です

【問題1】ホルモンとその作用との対応のうち、誤っているのはどれか。(生理学)
(1)ガストリン          胃酸分泌の抑制
(2)セクレチン                HCO3-を多く含む膵液の分泌促進
(3)カルシトニン              血中Ca2+ の減少
(4)インスリン                血中グルコースの減少
(5)アルドステロン            腎臓におけるNa+ 及びCl- の再吸収促進
解答:1
解説:生理学からホルモンに関する問題です。過去の模擬試験や国家試験でもよく出題された問題です。同様の問題は臨床検査技師国家試験だけでなく、薬剤師や看護師国家試験にも出題されている問題です。高学年のみなさんのみならず、低学年のみなさんも押さえておきましょう。
×(1)誤り。ガストリンは、胃幽門部(出口の方)G細胞から分泌されるホルモンで胃酸分泌を促進し、消化を助ける。
○(2)正しい。セクレチンは、十二指腸のS細胞から分泌されるホルモンで膵液の分泌を促進させるホルモンである。
○(3)正しい。カルシトニンは、血中のCa2+濃度を低下させるホルモンであり、分泌は甲状腺傍ろ胞細胞が行う。Ca2+濃度の低下は、骨吸収(骨=Ca貯蔵庫から血中へのCa移動)の抑制により実現される。
○(4)正しい。インスリンは、血糖が上がった時に分泌されるホルモンであり、血中グルコース濃度を減少させる。
○(5)正しい。アルドステロンは、腎臓の遠位尿細管においてNa+の再吸収を促進させることにより血中Na+濃度を上昇させるホルモンである。また、遠位尿細管におけるNa+の輸出機構はNa+/Cl-共輸送であるため、Na+の再吸収を促進させることは同時にCl- の再吸収を促進させる。

ホルモンに関する問題のなかでもその機能を問う問題は基本的な部分です。模擬試験、国家試験でも点数に結びつけやすい問題です。

次の問題です。
【問題2】抗菌薬とその作用の組み合わせで正しいのはどれか。2つ選べ。(微生物学)
(1)セフォタキシム       細胞膜合成阻害
(2)バンコマイシン        細胞壁合成阻害
(3)クリンダマイシン      蛋白合成阻害
(4)レボフロキサシン      DNA合成阻害
(5)ミノサイクリン       アミノアシルtRNAリボソーム結合阻害
解答:2、5
解説:微生物学の範囲でよく出題される抗菌薬に関する問題です。最近の国家試験では、基質拡張型β-ラクタマーゼに関する問題が出題されましたが、抗菌薬とその作用を問う問題も出題される可能性の高い問題です。
高学年のみなさんはしっかりと復習されることをお勧めします。
×(1)誤り。セフォタキシムは母核として7-アミノセファロスポラン酸(7-ACA)をもつβ-ラクタム系抗菌薬である。セフォタキシムが属するセフェム系抗生物質はその開発時期、抗菌力、β-ラクタマーゼに対する安定性の特徴から第1世代から第3世代までに分類される。抗菌薬の作用はβ-ラクタム系抗菌薬として、細胞壁の合成阻害作用で、殺菌的に作用する。
○(2)正しい。グリコペプチド系抗菌薬に属するバンコマイシンは、放線菌が産生する抗菌薬である。芳香族アミノ酸からなるペプチド部分に糖が結合した構造を持つ。作用機序はペプチドグリカン合成のリピド中間体と結合物をつくることで、細胞壁合成の初期段階を阻害する。
×(3)誤り。グリンダマイシンはマクロライド系抗菌薬と共通性が高く、交差耐性があることから、マクロライド系抗菌薬の類似薬として扱われている。この抗菌薬は、グラム陽性菌と嫌気性菌に抗菌力を示す。その作用機序は、細菌のリボソーム50Sサブユニットに結合し、ペプチド転移反応を阻害する。
×(4)誤り。合成抗菌物質である本剤は、クラム陰性菌に対してのみ優れた抗菌力を示すオールドキノロングループとグラム陽性菌に対しても優れた抗菌力を示すニューキノロンに分類される。設問中のレボフロキサシンはニューニノロンに属し、その作用機序は、細菌のDNAジャイレースに作用し、DNAの複製を阻害する。
○(5)正しい。テトラサイクリン系抗菌薬に属する本剤は、グラム陽性菌・グラム陰性菌に抗菌力をもつ広域スペクトル抗菌薬である。アミノアシルtRNAリボソーム結合阻害がその作用機序であるが、低濃度では静菌的、高濃度で殺菌的に作用する。

抗菌薬に関する問題では、例えば「βラクタム系抗菌薬が有効な細菌はどれか。」との問題も出題されますので、押さえておく必要があるかと思います。

3問目です。頑張りましょう。
【問題3】真核生物の開始コドンに対応するアミノ酸はどれか。(生化学)
(1)L-トリプトファン
(2)L-アラニン
(3)L-グルタミン酸
(4)L-メチオニン
(5)L-ヒスチジン
解答:4
解説:生化学から遺伝子に関する問題です。遺伝子や遺伝子検査に関する問題は、国家試験でも出題されていることから、「遺伝子・遺伝の基礎的事項」、「遺伝子検査法」、「遺伝性疾患」について対策しておくことが必要でしょう。
本問題は、RNAのタンパク合成(翻訳)について問う問題である。RNAのタンパク合成過程には、tRNA(転移RNA)、rRNA(リボソームRNA)、mRNA(メッセンジャーRNA)の3種類が関わっている。最終的にはリボソームの表面を舞台とし、tRNAが運んでくるアミノ酸を材料として合成される。
 アミノ酸を示す遺伝暗号(コドン)は、64種類のトリプレッドからなる。このうち、翻訳の開始を示すコドンはAUGの1種類であり、メチオニンが対応している。また、翻訳の終了を示す終止コドンであるUAA、UAG、UGAはアミノ酸を示さない。詳細は成書のmRNAの遺伝暗号表を参考とされたい。

遺伝子や遺伝子検査については、なかなかとっつき難い分野ですが、これから先の国家試験でも問題数としては増えてくるのではないかと思います。今後国家試験を受験する方は対策をしておきたいところです。

あと2問です。
【問題4】血液検査項目とその検査結果が低値となる組み合わせで正しいのはどれか。(臨床検査医学総論)
(1)尿 酸            腎不全
(2)総蛋白            脱 水
(3)カリウム           検体溶血
(4)クレアチニン         や せ
(5)クレアチンキナーゼ      甲状腺機能低下症
解答:4
解説:検査項目と病態の組み合わせに関する問題です。各検査項目の高値と低値には多様な臨床的意義があります。模擬試験、国家試験でも問われるところですので、しっかりと押さえておきましょう。
×(1)誤り。腎不全では尿酸が排泄できず、血中で高値をみる。
×(2)誤り。脱水では濃縮がおこり、血中では蛋白高値をみる。
×(3)誤り。検体溶血では赤血球中のカリウムが血中へ漏出し、高値となる。
○(4)正しい。血中クレアチニン値は筋量を反映する。やせでは筋量が少ないため、血中クレアチニンが低値をみる。
×(5)誤り。甲状腺機能低下症ではムコ多糖の沈着により筋が崩壊し、血中クレアチンキナーゼの高値をみる。

この問題では、各検査項目が「何を知るための検査なのか?」、「その検査項目と疾患はどのような関係があるのか?」が理解できているかどうかが解答のポイントとなります。

これで最後です。
【問題5】放射性同位元素で物理的半減期が1年以上なのはどれか。2つ選べ。(放射性同位元素検査技術学)
(1)ヨウ素131
(2)ガリウム67
(3)セシウム134
(4)テクネチウム99m
(5)ストロンチウム90
解答:3、5
解説:放射性同位元素検査技術学から半減期に関する問題です。過去の模擬試験、国家試験にも出題されているところです。よく出題されている放射性同位元素の半減期は覚えておくようにしましょう。
×(1)誤り。ヨウ素131はもっともよく知られている放射性同位体である。天然では、大気中で宇宙線とキセノンの反応によって生成し、地上でウラン‐238(238U)の自発核分裂によって生じる。人工的には核分裂で大量に生成する。生体に対する影響では、ベータ線による甲状腺被曝が問題となる。ガンマ線も放出されるがその線量は小さい。物理的な半減期は約8日である。
×(2)誤り。ガリウムの同位体核種であるガリウム67は、医療の分野においてはクエン酸ガリウムとして悪性腫瘍や炎症性病変の核医学診断薬として持ちられる。クエン酸ガリウムとして静注した際の半減期は約78時間である。ガリウム67の物理的半減期は約3日である。
○(3)正しい。セシウム134はセシウムの同位体の一つである。天然にはほとんど存在しない人工放射性同位体であり、大半は原子炉や使用済み核燃料などで生成・放出される。また、原子力発電所などからの液体廃棄物中にも含まれており、河川や海の魚類、海藻等で濃縮されるため、環境評価の対象となっている。生体に対する影響では、体内に摂取した時のベータ線による内部被曝が問題になる。物理的な半減期は約2年である。
×(4)誤り。テクネチウム99mは適量のガンマ線のみを放つ特性を活かし、骨・腎臓・肺・甲状腺・肝臓・脾臓など身体各部に対するシンチグラムに用いる。利用例としては、血流測定剤、骨イメージング剤、腫瘍診断剤の放射線診断薬などがある。物理的な半減期は約6時間である。
○(5)正しい。ストロンチウム90はストロンチウムの同位体の一つである。天然に存在する安定同位体よりも中性子数が多い不安定な核を持ち、β壊変をする放射性同位体である。生体への影響では、大部分が骨髄などに集まって造血器官を侵すのが問題となるため、核分裂生成物の中で注目される核種である。物理的な半減期は約29年である。

よく出題される、放射性同位体の半減期に関する問題は解答できるようにしておきたいところです。最低でも半減期の短いものと長いものの区別はしておきましょう。

いかがでしたか?
東京メディカルスクールでは、
大学1年~国浪生までの定期試験・CBT・国家試験対策を
家庭教師・個別指導の両方のかたちで行っています。
ぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

東京メディカルスクール
03-6802-5260
(メディカルスクール事務局 10:00~23:00・年中無休)
また、ホームページ内の資料フォームからもお問い合わせいただけます。

[ご注意]
内容に関しては、免責事項となります。
各自成書等でご確認ください

獣医師国家試験対策 個別指導 講義


獣医学生1年~6年生、国試浪人生のマンツーマン個別指導・集団授業
予備校 国試対策アカデミーを運営する東京メディカルスクール 代表の岡田です。

今回は、月に2回発刊している無料メールマガジンの最新号をお届けです。
低学年からしっかりと勉強して実力を養成していきましょう!

購読は無料で、配信は日本最大級のメールマガジンの
配信サイトであるまぐまぐを利用しています。



獣医師国試対策  無料メールマガジン購読
http://www.mag2.com/m/0001674026.html?l=goy106d152



好評発売中!!

66回獣医師国家試験対策 過去問題集(AB問題収録)

アマゾンで購入



それでは、メールマガジンを見ていきましょう!


こんにちは! 

獣医国試対策アカデミー 


塾長の高橋です。



さあ、一緒に頑張りましょう!

1.呼吸器系に関する記述として正しいものをすべて選べ(解剖学)。
a. 犬の気管軟骨は完全な輪状を示す。
b. 牛の肺は5葉からなる。
c. 気管粘膜の内腔面は線毛上皮細胞からなる。
d. 牛では気管の気管支は認められない。
e. 馬では喉頭室は痕跡的である。


解答:cのみ



解説:呼吸器の構造と動物種による違いを理解しましょう。

×a 哺乳類では気管軟骨は不完全輪状で、背壁の一部が欠けています。
犬では輪の背壁が解放されたC型の輪状の硝子軟骨からなり、
軟骨の欠けた部分は膜性壁と呼ばれる結合組織で埋められています。

×b 牛の肺は、左肺3葉(前葉前部・前葉後部・後葉)、
右肺5葉(前葉前部・前葉後部・中葉・副葉・後葉)の計8葉からなります。

〇c 気管は線毛粘膜上皮によって裏打ちされています。
粘膜の表面の層はすべての外来粒子を補捉し、
線毛がそれらの粒子を掃き出し、粘液が咽頭へと押し上げ、
そこから吐き出されるか、飲み込まれます。
埃っぽい、あるいは煙の多い環境下などの場合、粘液の産生は増加します。
この粘液が気管を覆っている細胞を刺激し、動物に咳を発生させます。
発咳反射は多量の粘液や埃の粒子を気道から追い出す役割を担っており、
それらが肺に入るのを防ぎ、
動物の一次的な防御機構となっています。

×d 豚や反芻動物では、気管分岐部より前で
気管の気管支が右肺の前部に入ります。

×e 喉頭室は前庭ヒダと声帯ヒダとの間で内腔が側方へ
広がった部分で、声の共鳴装置の一部と考えられています。牛で痕跡的です。


2.呼吸に関して正しいものをすべて選べ(生理学)。

a. 延髄の呼吸中枢からの周期的な刺激により、呼吸筋は規則正しく収縮する。
b. 頸動脈小体と大動脈体には、血中の酸素の減少、二酸化炭素の増加やpHの低下に反応して興奮する末梢性の化学受容器がある。
c. 肺の伸展受容器は気道の平滑筋中にある。
d. 刺激受容体は気道上皮細胞間にあり有毒ガス、冷気、粉塵、煙などによって刺激される。
e. 無呼吸から深い呼吸、深い呼吸から無呼吸へと交互に繰り返される呼吸をチェーン・ストークス呼吸と呼ぶ。



解答:すべて正しい。


解説:呼吸運動について学び、それを調節する機構を理解しましょう。


〇a 呼吸筋は、吸気性筋(外肋間筋、肋骨挙筋、胸直筋、横隔膜)、
呼気筋(内肋間筋、肋骨後引筋、胸横筋)からなります。

〇b 頸動脈小体と大動脈体は酸素受容器(末梢性化学受容器)として働きます。
生命が危険になるほど酸素が不足したときに重要な働き
をしますが、日常的な代謝の変化に伴う換気量の変化に対しては作用しません。
動脈血の酸素分圧が低下すると、頸動脈小体と大動脈体
から呼吸中枢へ向かうインパルスが増加し、
その結果呼吸中枢は刺激されて換気量が増加します。

〇c 吸息が進行して肺が膨らんでくると、それに反応して
肺の伸展受容器が興奮して刺激を生じ、刺激は迷走神経を介して呼吸中枢に
伝わります。そして肺がそれ以上膨らまないように抑制するインパルスを
吸息ニューロンに送って、吸息を呼息に切り替えさせる反射が
起きます。このように肺の伸展受容器からの求心性ニューロンによって、
抑制される反射をへリング・ブロイヤーの反射といいます。

〇d 有毒ガス、冷気、粉塵、煙などの刺激は
迷走神経を介して呼吸中枢に伝えられ、反射的に
気管支を痙攣させて呼吸数を増加させます。

〇e チェーン・ストークス呼吸は、脳疾患、心不全、
中毒症や病気の末期にみられます。呼吸中枢の機能低下のため呼吸が浅くなり、
血中酸素分圧が低下すると、末梢性の化学受容器を介して
呼吸中枢が刺激され呼吸が促進されます。
その結果、今度は過呼吸になり二酸化炭素分圧が
低下するので呼吸中枢の興奮が下がり無呼吸になります。
この繰り返しが起きています。


3.肺炎に関する記述として正しいものをすべて選べ(病理学、内科学)。


a. 気管支肺炎は気管支炎から下行性に巣状の肺炎に移行したものである。
b. 間質性肺炎は肺胞壁が炎症により肥厚しており、主に細菌感染により発症する。
c. 線維素性肺炎は大葉性肺炎の代表で、病変が肺葉全体に拡がりやすい。
d. 肉芽腫性肺炎は単球、マクロファージに由来する類上皮細胞の小結節病変を形成する。
e. 犬において誤嚥性肺炎を引き起こしやすい疾患は、巨大食道症、口蓋裂などである。



解答:a、c、d、e


説:肺炎の病理学的特徴を理解し、診断に応用できるようにしましょう。

〇a 気管支肺炎は、多量の漿液、細胞成分を浸出します。
細菌、マイコプラズマ感染によるものが多いです。

×b 間質性肺炎は主にウイルス感染により発症し、慢性化すると肺線維症になります。

〇c 線維素性肺炎はクルップ性肺炎とも呼ばれ、
牛肺疫、パスツレラ病などでみられます。

〇d 肉芽腫性肺炎は結核病、鼻疽、アスペルギルス症、
クリプトコッカス症などでみられます。

〇e 誤嚥性肺炎(吸引性肺炎)とは本来食道を通過すべきものが
誤って気管を通り、肺に炎症を引き起こしてしまったもので、
老犬で飲み込む筋力が低下している場合や麻酔をかけた場合などでも発症します。

コーヒーブレイク9 継続は力なり!
大学で学んだことは、実際に仕事をする上で
必要な知識のほんの一部です。卒業しても、ぜひ学習を継続しましょう。
専門書や雑誌を読むだけでなく、セミナーに参加したり、アメリカの獣医情報ネットワークVeterinary Information Network(VIN)
(有料ですが、有益な情報が豊富で、常時アクセスできます。)
を利用したり、いろいろな方法で多角的に学んでいきましょう。


獣医国試対策アカデミーでは、
大学1年から6年生の現役生・国浪生の
定期検査・CBT・国家試験対策のマンツーマン個別指導を行っています。
ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

秋葉原教室(東京)
東京都神田松永町ヤマリビル3階
JR 秋葉原駅徒歩2分 ヨドバシカメラ前の好立地

03-6802-5260

(メディカルスクール事務局・10時~23時、年中無休)

〔ご注意〕
内容に関しては、免責事項となります。各自成書でご確認ください。

執筆
獣医国試対策アカデミー 塾長
高橋 映江

監修
東京メディカルスクール 代表
岡田 優一郎

2017年1月13日金曜日

Elfi mina エルフィミーナ 4回 舞踏会 リーガロイヤルホテル東京

2017年 1/27 金曜日

 












                       (C)Elfi Mina 


第152代 ブルボン・ディ・イタリア大公妃
タリア・ヴィットーリア陛下

第44代 ロシア皇太子
アリストフ公アンドレイセルゲイヴィッチ殿下

ロイヤル・マエストロ・プリンス・
オブ・シチリア北順佑 氏





を迎賓して


リーガロイヤルホテル東京


にて舞踏会か開催されます。



主催はエルフィミーナ代表
桜井唯菜 氏


本会の開催にあたり、

医師、歯科医師、薬剤師、獣医師を
目指す大学1年~6年生の進級、
国家試験対策の個別指導スクール


東京メディカルスクールでは、
協賛をさせて頂いております。


皆様のご参加をお待ちしております。


Facebook エルフィミーナ4回目イベントページ

facebook.com/events/1341290212579937/?ti=i l


Elfi mina   公式ホームページ




歯科医師国家試験 必修試験対策メールマガジン


歯学部1年生~6年生の進級、CBT、
歯科医師国家試験対策のマンツーマン個別指導
東京デンタルスクール 塾長の岡田優一郎です。

2017年 110回まで残すところ
あとわずかとなりました。

今回は問題は簡単な必修対策です。

メールマガジンは200人近い購読者
にご愛読いただいております。

購読は無料です。

http://www.dentist-school.com/mailmag/mailmag.html

では、よろしくお願いします^^


こんにちは!東京デンタルスクールです。
今年も宜しくお願いします。

今回も、講師の先生にお願いしております。
稲葉先生、宜しくお願いします。

こんにちは。東京デンタルスクール講師の稲葉 博です。
第110回歯科医師国家試験の本番まで、
残すところ1か月弱となりました。
今回も必修レベルの問題を4問扱いたいと思います。
知識の確認程度にトライしてみてください。

1. The study which studies the 
relationship between periodontal disease and the whole body
is called ().
()に入るのはどれか、1つ選べ。
a. immunology
b. periodontal medicine
c. biochemistry
d. conservative dentistry
e. informed consent

正解:b

a.免疫学
b.ペリオドンタルメディシン
c.生化学
d.歯科保存修復学
e.インフォームドコンセント

(総括)今回も第一問は英語の出題です。
わからなかった単語は暗記しましょう。


2.診療録について正しいものを1つ選べ。
a.誰でも見られる場所に保管する
b.診療後遅延なく記載する
c.保存期間は診療後2年間である
d.歯科医師だけが理解できる用語で記載する
e.処方内容を別紙に記載する

正解:b

(総括)診療録についての設問は頻出ですので、
最終確認しておきましょう。
a.個人情報であるので厳密に管理し保管しなければなりません。
c.保存期間は診察後5年間です。
d.誰が読んでも一目で理解できる表現、言葉を使い、誤解のないように記載します。
e.処方内容は処置内容と同時に記録しなくてはなりません。

3.タンパク質の合成を行う細胞内小器官として正しいものを1つ選べ。

a.リボソーム
b.リソソーム
c.デスモゾーム
d.滑面小胞体
e.ミトコンドリア

正解:a

(総括)基本的な細胞内小器官についての設問です。このようなサービス問題で間違うことのないようにしましょう。
b.リソソームは不要なタンパク質や不出来なタンパク質を加水分解しています。
c.細胞間の接着に関わるタンパク質です。
d.滑面小胞体では脂質の合成が行われます。
e.ミトコンドリアは内呼吸に関わるものです。おもにATP の産生に関わっています。

4.高齢者が誤嚥しやすい飲食物として正しいものを1つ選べ。
a.ゼリー
b.プリン
c.水
d.豆腐
e.肉

正解:c

(総括)高齢者や要介護者は液体を誤嚥しやすいのです。
それゆえ、食事ではゼラチンで固めたり、
とろみをつけたりして嚥下しやすい形態にしておくことが大切です。

本番まであと少しです。体調管理には
十分に気を付け、ベストを尽くしてください。
ご健闘をお祈りします。
東京デンタルスクール

03-6802-5260
(メディカルスクール事務局 10:00~23:00・年中無休)

メールマガジンのバックナンバーはこちらから↓
http://www.mag2.com/m/0001494170.html


[ご注意]
内容に関しては、免責事項となります。
各自成書でご確認ください。

執筆
東京デンタルスクール 講師
稲葉 博

監修
東京デンタルスクール 塾長
岡田 優一郎



2017年1月11日水曜日

日本顎咬合学会 2017年 新年会


歯学部1年~6年生、国試浪人生の
マンツーマン個別指導・集団講義の
東京デンタルスクール 塾長 岡田優一郎です。

2017年1月11日




日本顎咬合学会の新年会に参加の機会を頂きました。


日本顎咬合学会は日本でも最大級の歯科学会です。


人との縁は一期一会。



その瞬間。もしその場所でなければ出会う機会
ないことがあり、人生が大きく変わる場合があります。


学会に参加されている先生方とのつながりも
その時の一瞬を大事に生きたいと思います。
そのため、私はその瞬間の写真が一生の宝物です。


今回、日本顎咬合学会では
日本顎咬合学会 上濱正 理事長はじめ、
お世話になっております常任理事、理事の先生
とご挨拶、写真の機会を頂きました。



一期一会。





















この言葉を大切に引き続き精進してまいりたいと存じます。
何卒、皆様のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


東京デンタルスクール
塾長 岡田優一郎 歯科医師
日本大学松戸歯学部卒業 学部長賞 受賞

略歴
日本大学第一高等学校入学(特別推薦)
日本大学松戸歯学部入学(特別推薦)
日本大学松戸歯学部卒業(学部長賞)





2017年1月9日月曜日

日本大学松戸歯学部での授業予定


歯学部
1年生~6年生の進級、CBT、歯科医師国家試験
対策のマンツーマン個別指導 東京デンタルスクールです。



東京デンタルスクールは1年生~6年生の
関東全歯科大学より生徒様に受講を頂き、
口コミにより全国より生徒様にご来校を頂いております。


この度、授業の機会を頂きました
1月、2月の日本大学松戸歯学部での授業予定
スケジュールとなります(在校 対象学年生対象)
対象の学年の生徒様は下記日程にてお気軽に受講ください。












2017年1月、2月授業予定
日本大学松戸歯学部 対象様


















6年生対象 歯科医師国家試験 必修対策

1月7日  土曜日 15時~19時
1月9日  月曜日 12時~17時
1月15日 日曜日 10時~12時、13時~17時
1月16日 月曜日 12時~17時


















4年生対象 CBT対策

1月24日 火曜日 13:00~14:30
1月25日 水曜日 10:40~12:10
1月26日 木曜日 13:00~14:30
1月30日 月曜日 10:40~12:10,13:00~14:30
2月2日  木曜日 13:00~14:30
2月6日  月曜日 10:40~12:10,13:00~14:30
2月7日  火曜日 13:00~14:30
2月8日  水曜日 10:40~12:10


全力で取り組んで参ります。
同校対象学年の生徒様の受講をお待ちしております。

何卒どうぞよろしくお願いいたします。


東京デンタルスクール
塾長 岡田 優一郎 歯科医師
日本大学松戸歯学部卒業 学部長賞


東京デンタルスクール

03-6802-5260

(メディカルスクール事務局 10:00~23:00・年中無休)